ウイルス性の首イボとは?原因と症状

ウイルス性の首イボとは?原因と症状

ウイルス性の首イボ,原因,症状

 

気がつくと首などにできているイボには様々な種類があります。

 

多いのが加齢によってできる老人性イボというもので肌の新陳代謝が低下することによって引き起こされたりします。

 

ほとんどの場合が刺激や紫外線、加齢などによって起こるものですが、ウイルスに接触することによってできる種類のものもあります。

 

ウイルス性の首イボは、「ヒトパピローマウイルス」というウイルスが原因によって引き起こされます。

 

ウイルスにも様々な種類があり、種類によってイボの種類も分けられます。

 

尋常性疣贅は最も一般的なイボになります。首だけではなく手や足、肘、膝など外傷ができやすい場所にできやすく、大人もできますが、特に子供に症状が起きやすいというのが特徴です。

 

青年性扁平疣贅は、若い人の顔や手の甲にできやすい種類になります。平たい形をしており、髭剃りやスクラブ洗顔などで肌をこすると増えてしまうこともあります。

 

伝染性軟属腫はいわゆる水いぼです。接触感染によってできるとされていますが、感染経路が不明なのが特徴です。

 

イボは柔らかいですが破けるとウイルスが飛び散ってしまい、プールなどで感染してしまいやすく注意が必要です。

 

これらのイボはウイルスによって感染しますが、健康な状態であれば体の免疫力や肌のバリア機能のため簡単に感染することはないと考えられています。

 

ただし、体調不良で免疫力が落ちている、肌のバリア機能が低下してしまっている、体は健康でも手荒れが激しく小さな傷が皮膚にたくさんある時などは感染しやすくなっているため注意しておきます。

 

一般的にウイルス性のイボの場合、他人に感染するよりも自分で自分自身に感染を広げてしまうケースの方が多いといわれています。

 

これは無意味にイボを触ってしまうことで別の場所にウイルスを移すことになり、イボの数が増えてしまうのです。

 

そのため、感染を広げないためにもイボは触らないようにして適切な治療を受けることが重要です。

 

もっとも多いのが液体窒素を使った方法になります。漢方薬を使った治療方法もありヨクイニンは皮膚の新陳代謝を活性化する効果が期待できます。
ウイルス性のイボは繰り返してしまうという特徴がありますが、今の所確立された治療方法や特効薬はないのが現状です。

 

予防することが一番の方法で、保湿をしっかり行って肌のバリア機能を低下させない、日頃から栄養バランスや睡眠などに気を使い免疫力を高める、感染者と接触しないことなどが大切となります。

 

首いぼクリームTOPページへ