老人性疣贅とは?原因と症状

老人性疣贅とは?原因と症状

老人性疣贅,原因,症状

 

老人性疣贅は皮膚の良性腫瘍のひとつであり、老人性イボなどと呼ばれることもあります。

 

年齢を重ねるごとにできやすくなると言われていますが、人によっては20代や30代でできてしまうこともあります。

 

老人性疣贅は皮膚の老化現象の一つとされており、80歳以上の高齢者のほとんどに見られる症状となっています。

 

主な原因は紫外線の影響であり、紫外線を浴びると皮膚の一番上にある表皮でメラニン色素が作られることになります。

 

このメラニン色素は肌を守るために作られるものですし、真皮まで紫外線が届かないようにブロックしてくれるものです。

 

肌のターンオーバーが整っていれば特に問題ありませんし、時間の経過によって排出されていくことになります。

 

しかし、年齢を重ねると肌のターンオーバーが乱れてしまいますし、長く紫外線を浴び続けることにより、排出しきれないメラニン色素が蓄積されてしまうのです。

 

老人性疣贅,原因,症状

 

メラニン色素が蓄積することでシミの原因になってしまうことはもちろん、シミが盛り上がって表面がザラつくことにより、老人性疣贅になってしまうことも多いです。

 

また、紫外線のダメージを浴び続けることにより、皮膚の老化現象が促進されてしまうこともあります。

 

これは光老化と呼ばれる症状なのですが、皮膚が厚くなって色も濃くなってしまいます。

 

角質が厚くなって膨らんでいく老人性疣贅も光老化の過程で起こると考えられており、紫外線をたくさん浴びてきた40~50代になるとでき始めることが多いです。

 

イボができてしまうと気になってしまうものなのですが、できるだけ早い時期からケアを行うことで予防することもできます。

 

まずは紫外線が老人性疣贅の主な原因となるため、できるだけ紫外線をカットするように心がけましょう。

 

また、肌が乾燥していると紫外線をバリアする機能が衰えてしまいます。そのため肌をバリアするためにしっかりと保湿ケアを行うことも大切です。

 

美白効果を得るためにはメラニンの生成を防ぐことも大切であり、血行を促進してターンオーバーを整えることができるでしょう。

 

それによってシミやイボなどの発生を予防することができるのです。喫煙や過度のストレス、睡眠不足などは肌に悪影響を及ぼすと言われています。

 

肌の健康を保ちたいという場合、このような生活習慣にも気を付けましょう。

 

また、肌の健康を内側から整えるため、ビタミンCやビタミンEなどの栄養素を積極的に摂取していくことも大切です。

 

首いぼクリームTOPページへ