首イボは漢方なんかで治るの?

首イボは漢方なんかで治るの?

首イボ,漢方

 

中高年になると出来やすくなる首イボを治したいけれど、化学成分で作られた薬を使うのには抵抗があるという人には、漢方薬を服用することをおすすめします。

 

首イボは老化や紫外線、衣類の摩擦など、皮膚がダメージを受けることによって発症しますが、漢方薬を飲めば、体質そのものを改善できるので、多少のダメージを受けても発症しにくくなります。

 

天然成分のみで作られているため、皮膚科などで処方してもらえる薬に比べると、体に優しく、副作用などもほとんどないので、初めての方でも安心して飲むことが出来ます。

 

長期の服用により、効果があらわれるので、一度飲み始めたら、途中でやめずに続けるようにしてください。

 

東洋医学において、首イボの治療薬として昔から用いられてきたのは、ハトムギから抽出される成分のヨクイニンと呼ばれるものです。

 

首イボ,漢方

 

ヨクイニンには、免疫力や保水力を高める効果がありますから、首イボだけでなく、湿疹や吹き出物などの肌トラブルにも効果があるといわれています。

 

年齢が高くなるにつれ、免疫力や保水力が衰え、肌のバリア機能も低下するので、イボやニキビなどが発症しやすくなりますが、ヨクイニンで体質改善を行えば、綺麗な肌を維持できるようになります。

 

加齢により、お肌のターンオーバーが乱れると、肌トラブルが起こりやすくなりますが、ヨクイニンには水分とリンパ液の循環を促す効果があるので、ターンオーバーを整え、すこやかな肌に導けます。

 

首イボ,漢方

 

首イボの治療にヨクイニンのような漢方薬を使うメリットは、薬のような化学成分ではなく、天然成分を配合したものなので、健康的に治せることと、副作用が少ないことの2点になります。

 

植物エキスによって作られたものなので、アレルギーでもない限りは、体に優しく作用し、穏やかに治療できるのが魅力です。

 

ただし漢方薬というのは、長期の服用により少しずつ、本来の健康的な状態に戻すことが目的で使用するものなので、効き目がすぐにあらわれることはありません。

 

首イボ,漢方

 

デメリットは即効性に期待できないことなので、それを求める方は皮膚科で薬を処方してもらうと良いでしょう。

 

皮膚科に行けば、塗り薬などを処方してもらえるので、それを塗るだけで短期間でイボを小さくしたり、目立たなくさせられます。

 

首のような目立つ位置にイボが出来ると、早く治したいと思うのが当然なので、即効性を求めるなら皮膚科へ行くようにし、ゆっくりと体質改善して、イボの出来にくい体になりたい人は漢方薬を飲みましょう。

 

首いぼクリームTOPページへ