脂漏性角化症とは?原因と症状

脂漏性角化症とは?原因と症状

脂漏性角化症,原因,症状

 

イボと一言で言っても様々な種類があります。

 

皮膚に負担がかかって引き起こされるものや、加齢によってできるもの、ウイルスによる接触感染することで起こるものなどが挙げられます。

 

中でも起こりやすいイボの一つが脂漏性角化症になります。

 

脂漏性角化症は別名、老人性イボや老人性疣贅とも呼ばれており早ければ20〜30代から出てくるイボで、加齢とともに増えていきます。

 

この脂漏性角化症のできる原因は、老化現象と紫外線によるダメージだとされています。

 

紫外線を浴びると、肌の表皮がメラニン色素を作ります。

 

その下の肌の奥にまで紫外線のダメージがいかないようにブロックする働きがあり、通常であればメラニン色素はターンオーバーによって皮膚表面に押し上げられて角質とともに体外に垢として排出されます。

 

しかし、加齢やストレスなどによって肌の新陳代謝が衰えてターンオーバーがうまくいかなくなると、長年浴び続けた紫外線のダメージによってできるメラニン色素が少しずつ蓄積されていき、シミになってしまったり皮膚を硬くしてしまいイボを作ってしまいます。

 

脂漏性角化症,原因,症状

 

紫外線を浴びれば浴びるほどイボができやすくなるため、年齢を重ねるごとに増えていくのです。

 

症状としては痛みやかゆみなどはほとんどないです。しかし、きになって引っ掻いたりしてしまうと雑菌が侵入してしまうこともあるため注意が必要となります。

 

治療するためには皮膚科で治療することができます。

 

皮膚科での治療としては、液体窒素を当てて凍結させてかさぶたを作る冷凍療法、レーザーによる切除方法、電気メスを使う方法や、大きさによってはメスで切除する方法もあります。

 

基本的には良性の腫瘍ですが、見た目のにている皮膚癌であることもあるためその場合には検査を行って診断します。

 

しかし、それ以前にイボを作らないように日頃からケアしていくことも大切です。

 

紫外線が大きな影響を与えてしまうため、外出するときには日焼け止めを塗ったり、日傘をさす、帽子をかぶるなどをしていきます。

 

肌の乾燥はメラニン色素をつくる原因となってしまうことから、乾燥させないように保湿を行っていき、メラニン生成を抑制する効果のある美白化粧品を利用することも有効です。

 

肌のターンオーバーはストレスや生活習慣でも乱れてしまうため、ストレスはためないようにし、規則正しい生活を心がけ、食事も肌の健康を守るビタミン類などを多く摂取するように心がけていきます。

 

首いぼクリームTOPページへ