懸垂性線維腫とは?原因と症状

懸垂性線維腫とは?原因と症状

懸垂性線維腫,原因,症状

 

懸垂性線維腫は首などにできる良性のイボであり、さまざまな種類があるので原因に合わせた対策を行っていくことが大切です。

 

首や胸にできるイボは年齢を重ねるごとに数が増えてしまうと言われています。

 

小さいうちは気にならないかもしれませんが、少しずつ大きくなってしまうと気になってしまうこともあるでしょう。

 

見た目が悪いことはもちろん、爪で引っ搔いてダメージを与えてしまうこともあります。そうすると雑菌が侵入しやすくなりますし、痒みや痛みを引き起こすこともあるでしょう。

 

懸垂性線維腫は大きくなると皮膚の表面から垂れ下がることもありますし、首だけでなく脇の下やお尻などにできやすいということです。

 

懸垂性線維腫は肌の老化が原因でできると言われており、特に中高年の女性にできやすくなっています。

 

懸垂性線維腫,原因,症状

 

もちろんできやすさには個人差もありますが、遺伝の関係もあると言われています。

 

懸垂性線維腫は年齢とともに増えていくという傾向があるため、肌の老化が気になり始めたら注意しましょう。

 

しかし、高齢でもこのようなイボが全くできないこともありますし、普段の生活習慣も関係していると考えられます。

 

イボができてしまうと気になってしまうかもしれませんが、早く治すためにはできるだけ触らないようにしましょう。

 

手についた雑菌が悪化の原因となってしまうこともあるので注意が必要です。首のイボにはいくつかの種類がありますが、他のイボよりもサイズの大きいものを懸垂性線維腫と呼んでいます。

 

大きくなると目立ってしまうため、症状によっては病院で治療を受けた方が良いでしょう。皮膚科などでは効率よくイボを除去する治療を受けることができます。

 

首のイボを皮膚科で治療する場合、どのような方法が行われているのか知りたい人もいるでしょう。

 

主に超低温の液体窒素を使い、冷凍凝固させたイボをメスで切り取る方法が行われているのですが、この治療方法は短時間で完了するというメリットがあります。

 

しかし、切開部位が広い場合は糸で縫合する必要もありますし、傷跡が残ってしまうこともあるので注意しましょう。

 

イボはいきなりにできてしまうものではありませんし、最初は小さかったものがだんだん大きくなってしまうということです。

 

大きくなったイボは治療の必要がありますが、小さいうちはイボ専用のクリームなどでケアする方法もあります。

 

自宅でイボのケアをしたいという場合、さまざまなケア用品を試してみると良いでしょう。

 

首いぼクリームTOPページへ